2006年01月28日

ソ連科学アカデミーの精力剤

”エゾウコギ”ってご存知ですか?
ソ連アムール河中流、サハリン、華北、韓国などに自生するシベリア人参のこと。
日本では北海道のみで自生しています。

ウコギは古くから漢方生薬として用いられ、五加皮酒(神仙の酒)に使われております。
”幻の秘薬””悪魔の木”などとも呼ばれています。
エゾウコギが脚光を浴びたのは、1960年以降、
ソ連科学アカデミーの薬学的効果分析によるもの。
エゾウコギの根が朝鮮人参と似ており、強壮剤としてははるかに有効と報告しています。

旧ソ連の科学アカデミー
「極東地域の新しい薬草エレウテコックの研究報告」

1.作業能力があがる
2.耐久力が向上する
3.強精・強壮効果がある
4.体に抵抗力がつき、病気になりにくい
5.ストレスに強くなる

またがん予防、制癌剤の毒性を弱め、神経症や疲労回復、低血圧にも効果的。
スポーツ選手や宇宙飛行士の常備品として推奨しています。

また、イギリスではステファン・フェンダー医師が
「ニューサイエンティスト」で
エゾウコギの体内コントロール作用に関して、
「明らかに人間のスタミナや、やる気・集中力を増強する。」
と語っています。

そのメカニズムは、
「エレウテロシド化合物が直接生殖腺を刺激して、性ホルモンの分泌を促す。」
とういもの。

まったく、ハラショーでスパシーボな人参ヤローなのです。

↓↓人気blogランキングの「アダルト・風俗」はこちら
banner_02[1].gif
人気blogランキングへ
posted by 精力博士 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界の精力食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

くゎー!また大失態で
Excerpt:  次に意識がはっきりとしたというか、目が覚めたときは、聖路加病院で点滴を受けていた。どうやらわたしは、料亭で潰れたらしい。かなり最低である。  点滴が終わって廊下に出ると、編集長が長いすで寝入ってい..
Weblog: 31歳うそっぱち編集者日記
Tracked: 2006-02-14 23:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。