2006年12月13日

遅い、早いはどっちがいいペニス?

早漏は、いつの世も男の悩み。
彼女に「もう終わったの?」と言われるのは屈辱的。
みんなどうやって鍛えようか試行錯誤してます。

アメリカ・デューク大学の医師が考案した
「スクイズ・テクニック」とうのがあります。
これには女性の協力が必要。
射精しそうになったら、
女性が亀頭の裏側下端の「包皮小体」に親指をあて
亀頭の反対側を人差し指と中指で挟んで押えます。
3〜5秒しっかり握った状態にします。
勃起の勢いは10〜15%落ちるますが、
萎えることはなく、すぐに完全回復することができます。

この動作を数週間繰り返すと
次第に射精運動をコントロールすることができるようになるというものです。
オナニーの時も射精を我慢するようにすると
徐々に時間が延びるようです。
ただし、握力のある手でオナニーをやりすぎると、
感覚がバカになってることもあるのでご注意を。

しかし、女性の側からみると、これがほんとにいいペニス?
AV女優に言わせると、もっともいいペニスは
「立ちのいいペニス」
早漏よりも不能の方がイヤだってこと。
某女性作家は、
「ベストは何回イッても使えるペニス」
早漏でも、朝まで使えれば問題ないじゃんってこと。
セックスは、射精したら終わりじゃないからね。
最終的にはテクニック、愛情、雰囲気のほうが大事だと思う。

↓↓人気blogランキングの「アダルト・風俗」はこちら
banner_02[1].gif
人気blogランキングへ



posted by 精力博士 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛の技巧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。