2007年01月03日

快感神経の発見

ネズミにもサルにも快感はある。
快感を求めるゆえに行動する。
動物は本能が満たされることが「快」である。

脳は「快感するマシン」とも呼ばれている。
しかし、そのことに人間が気付いたのは、
わずか100年ほど前のことだ。
その歴史とは・・・

続きを読む
posted by 精力博士 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

女性の名器

味よき女のアソコの呼び方は、いろいろあります。
蛸、戸鎖、巾着、饅頭ぼぼ、毛薄、土器(かわらけ)・・・
今でもわかる呼び方もあれば、どういう構造かわからないものもある。
もともと良し悪しは誰が決めたの?
価値観は人それぞれってことか・・・
昔の人が考えたランキングです。
続きを読む
posted by 精力博士 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

亀頭の進化

男性の名器の順番を
一麩、二雁、三反り、四傘、五赤銅などといい、
5位までのなかに亀頭の評価が2つも入っている。
ニ雁の雁は雁高のことで、四傘は松茸の傘のような形を表す。
ちなみに一麩という最高ランクは、
硬い柔らかいが自由自在な一物のことをいう。
三反りは尺八のように上反りしているもの。
五赤銅は色の雄々しさをさしている。

類人猿に亀頭がないのは、性の七不思議といわれていて
亀頭があるのは人間とニホンザルだけだ。
年齢と共に大きくなる。
亀頭の進化は類人猿で一旦消失し、
人になって巨大化したといわれている。

続きを読む
posted by 精力博士 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

レイプと妊娠

動物には生理はない。
子孫を残す為には一発必中が求められる。
食べることや敵から身を守ることが大変だから、
そう何度も交尾をしていられない。
下等哺乳動物は交尾排卵で、交尾をすると反射排卵する。

人間にもこの機能が残っている。
強姦のときにおこる排卵がそれだ。
人間が下等哺乳動物だったころの名残りらしい。
人間も月経周期にかかわらず反射排卵することがあるのだ。

続きを読む
posted by 精力博士 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

英雄のホルモン

「英雄、色を好む。」
このことわざは、英語にもある。
英雄の共通点は、その闘争心にある。
そして絶対に諦めず、勝った人物だ。

この闘争心や攻撃性を高める役割をするのが、
男性ホルモンのアンドロゲンやテストステロンだ。
当然性欲を高める働きがある。
脳の神経系統も性欲と攻撃性は同じ系統に属している。

続きを読む
posted by 精力博士 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

絶頂の極みは女性のもの

女性の絶頂の極み、エクスタシーの極致は「失神」だといえる。
これは女性の快感の度合いが強いという証袖。
呼吸すらままならない、酸欠状態の結果「失神」にいたる。
セックスが楽しめるようになった女性は、極端にいえは、
ピストン運動のたびに、男性にとっての射精のような快感が
波のように押し寄せ続ける。
男女の快感曲線の差を考えれば、いかに女性のほうが快感が持続するかわかるだろう。

0006.jpg

続きを読む
posted by 精力博士 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(4) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

不倫は子供ができやすい?

セックスの相手は目新しい相手に限る。
いくら追求してもキリが無い。
男も女も同じことを永遠に繰り返す。

同じ相手と同じ手順でセックスすれば、マンネリはおとずれる。
刺激がたりなければ濡れないし、勃ない。

不倫は特有のスリルが性感を高める。
しかも恋心は障害があればあるほど燃え盛る。
これを「ロミオとジュリエット効果」という。
逢いたさがつのるほど、逢えば身体も燃え上がる。

0036.jpg

続きを読む
posted by 精力博士 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

野生児ヴィクトールの思春期

人間と言うのは不自由な生き物で、
やり方を教えられないとセックスができない。
盛んに議論されている教育問題に性教育も含まれていると思いたい。
日本の教育は最悪な状態だ。
「アヴァロンの野生児」は幼少期の性教育が重要だという教訓を教えてくれる。

18世紀、フランスで発見されたヴィクトールは12歳で発見された。
「狼少年」の原型である。
原則として2足歩行。
くたびれると4足歩行に。
嗅覚は極めて敏感。
食べること休息することが唯一の楽しみ。
寒さには無頓着。

続きを読む
posted by 精力博士 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

国際勃起スコア

自分が強いか弱いのか?
基準がわからなくて悩むところ。
1997年にローゼンさんが作った「国際勃起スコア IIEF」が
スタンダード化しています。
日本語版の「IIEF」が日本性機能学会でも検証され、
妥当性が証明されています。

調査項目は
1.性欲
2.勃起
3.射精
4.オーガズム
などの15項目ですが、勃起に関する5項目を抜粋した
IIEF5を添付します。

あなたは何点?


kokusai.jpg ← クリックで拡大します

↓↓人気blogランキングの「アダルト・風俗」はこちら
banner_02[1].gif
人気blogランキングへ

posted by 精力博士 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

車は立派なバイブだ!

女の人は振動が好き。
最近では女性専用のバイブショップがあるくらい、バイブは家庭の必需品?になってきた。
キティちゃんバイブが隠れたヒット商品になってるのは有名な話。
では、なぜそんなに振動がイイのか?

0017.jpg
続きを読む
posted by 精力博士 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

女性の陰毛は勃つ

女性は男のどこに魅力を感じるのでしょうか?

男なら、目、唇、胸、尻、脚・・・
人それぞれで好きなところは違うけど、
セクシービームやフェロモンを捕らえると
・・・ペニスが疼く。

女性には男の魅力を感じるアンテナはあるのでしょうか?

いい男をを見ていると、乳首が勃ってきたわ。
アソコも濡れてきた・・・ってことは、まずありえない。
AVやエロ小説ではあるまいし。

ところが女性には、男性にない特権があります。

0007.jpg

続きを読む
posted by 精力博士 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

快楽の鉱脈「Gスポット」

第二次世界大戦の直後、1950年に発見された
「異常に激しい性欲を喚起するゾーン」Gスポット。
ドイツの産婦人科医グレーフェンベルグによって発見され、
一部の女性に射精反応「潮吹き」が起こると学会発表されました。
しかしウィリアム・マスターズとヴァージニア・ジョンソンの夫婦博士によりこの発表は否定されました。

「女性のオーガズム、膣では無くクリトリスで得られる」という
彼らの主張が多くの女性の支持を受けのでした。
(後にこの説を認め、裏付ける発表もしたようです。)
当時の学会では認められず、30年後の1980年に再発見されることになります。

0007a.jpg

続きを読む
posted by 精力博士 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

精子の役割

精子には3つのタイプがあります。
続きを読む
posted by 精力博士 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

ダ・ヴィンチと勃起のメカニズム

davinci.gif

その昔、ペニスの勃起は空気によって起こると思われていました。
確かに、膨れる。

このことに疑問を持った人はたくさんいたでしょうが、
針で突いてパンクさせれわけにもいかない。
かのレオナルド・ダ・ヴィンチも疑問をもった人の一人でした。続きを読む
posted by 精力博士 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。