2007年01月03日

カサノバの天罰 廃退萎縮

姫始めは、済ませましたか?
年越しセックスで初詣の太陽は黄色く見えた方は幸せです。
歳をとってくるとなかなか言う事をきかなくなる下半身。
やりたくても言う事をきかない人も多いと思います。

カサノバのように、若い時にやりすぎると、天罰が下って、
中年過ぎてから急速に性的衰えがやってくる。
やり過ぎは身体に毒だと言われていました。

「精液の1滴は40滴の血液」
と言ったのは、ギリシャの哲学者・ピタゴラス。
ピタゴラス教団の徒は、生命力の保持の為に一生童貞を誓わされていた。

西洋医学の祖・ガレンも
精液の放出は、生命の放出であるからできるだけ差し控えよ。
とおっしゃった。

さて本当にそうなのか?
続きを読む
posted by 精力博士 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | セックスと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

肥満はセックスを弱くする!?

太っている女性は、性的な感度が低そうに見えるのはボクだけだろうか?
触っても「え?今触ったの?」
と言われそうな気がする。
いや実は、性感と肥満は密接な関係にある。
男性でも女性でも太りすぎると性欲は衰えがちになる。
体重が重くて動くのが億劫になるだけでないのだ。

過剰な脂肪は性ホルモンの受容器の周囲を圧迫し、
ホルモンからの信号を受け取りにくくしてしまう。
ということは、せっかくの性ホルモンが働けない訳で、
ホルモン不足と同じ状態になってしまうのだ。
当然、性感も弱くなる。

0045.jpg

続きを読む
posted by 精力博士 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | セックスと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

フェラチオで病気が移る?

知り合いに「落とした女にまず最初にフェラチオをさせる。」
と言う人がいる。
この瞬間初めて、征服感や達成感を感じるという。
古代エジプトやインドなどでは紀元前からおこなわれていた行為。
アメリカ映画の「ディープ・スロート」以降、
アダルト・ビデオの普及にともなって、当たり前の行為になってしまった。

0049.jpg

続きを読む
posted by 精力博士 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | セックスと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

若い娘のエキスを吸え

古代イスラエルの2代目の王・ダビデ。
ダビデ王―40年間王位にあったが、息子ソロモンに王位を譲った。
生気の衰えた老いたダビデ王には、
衰えた体力を回復する特別の方法を用いていた。
それは、王の周りに少女をはべらせておくことだ。
少女の生気が衰えを引きとめたという。
若い女性のにおいを嗅ぐ長寿法・若返り法の元祖だ。

0035.jpg

続きを読む
posted by 精力博士 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | セックスと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

精力減退は下腹部強化で

精力減退に悩む現代のおじさん達。
下半身は元気ですか?
車社会で歩かない、仕事は会社で座りっぱなし、休日はゴロ寝で運動不足。
コレは精力にいいわけがありません。

特に下腹部から下半身の体力不足は、精力減退に直結しています。
上半身と下半身の使い方のバランスが崩れているあなた。
下腹部を意識して強化しましょう。

続きを読む
posted by 精力博士 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(1) | セックスと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

房中術「接して漏らさず」の極意

 
強い男であることのアピールとして
発射を我慢するいわゆる「接して漏らさず」を
実行している男性は多いようだ。
早漏の男性にとっては夢のような話・・・

いくら精力のあり余る若者でも、
一度射精してから回復させるのは大変だし、
ラブホの休憩時間の長さを考えると
一太刀で何度も彼女をイカせたい。
この我慢、医学的には恐ろしい面もある。

あまりこれをくり返すと、射精をコントロールしている括約筋に疲労がたまり、
「逆行性射精」という症状を呈する事がある。

本人はいつもどおりの射精感があるので気づかないことが多いが、
実は射精が逆流して膀胱に射出され、
いつのまにか前立腺炎や前立腺肥大症になってしまうらしい。

やはり気持ちよく感じたら、最後には発射しておくことが大切である。

また精子が減ると各性腺が活発になり、
睾丸に働くホルモンも元気に活動する。
身体の機能が動くことは健康には大切なこと。
新陳代謝ならねチンチン代謝?

http://www.kenko.gr.jp/danseiryoku/001-050/dansei-014.html

↓↓人気blogランキングの「アダルト・風俗」はこちら
banner_02[1].gif
人気blogランキングへ

posted by 精力博士 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | セックスと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

セックスの目的

セックスには生殖の目的と快楽の目的があるのは皆さんご存じの通りですが、戦争など社会に余裕がなくなると、生殖を伴わない性行為は贅沢な行為であるとして、退けられ時には罪とみなされ場合があります。

続きを読む
posted by 精力博士 at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | セックスと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

オーラルセックスは大切な情報収集なのだ

オーラルセックスをするのは人間だけではないのです。
実はネズミから犬・象・猿にいたるたいていの哺乳類は前戯の際メスの陰部の臭いを嗅い
だりなめたりします。

続きを読む
posted by 精力博士 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(2) | セックスと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

勃起までの時間で測る年齢差

自分のペニスの反応で
「俺は若い!」と自慢したいのは人情で、
勃起したペニスの角度で年齢を計ったりしますよね。

勃起までに要する時間で年代を知ることもできます。
続きを読む
posted by 精力博士 at 23:56 | TrackBack(0) | セックスと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

セックスは心臓と生命を長持ちさせる

アメリカの美人女流作家 栄養学者ノーラ・ハイデンの著書
「Enwrgy」の中で、Dr.Eugene Sheimannの
「セックスは心臓と生命を長持ちさせる」の著書を引用しています。
いわく、若々しく健康を保つためのセックスの重要性10項目。

続きを読む
posted by 精力博士 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | セックスと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。